NTT東日本、みなとみらい駅で多言語対応ロボットによる観光・施設案内

引用元:Impress Watch
NTT東日本、みなとみらい駅で多言語対応ロボットによる観光・施設案内

 NTT東日本(東日本電信電話)は、3月31日~5月中旬の期間、みなとみらい線「みなとみらい駅」で多言語対応のコミュニケーションロボットを活用した観光・施設案内の実証実験を行なう。

【この記事に関する別の画像を見る】

 改札口付近に、コミュニケーションロボット「Sota」を設置。みなとみらいエリアの観光案内をはじめ、みなとみらい駅から目的地までの路線ルートや駅施設の案内などを行なう。日本語、英語、中国語に対応。

観光案内

「Sota」が3か国語チャットボットとして周辺の観光情報を案内。「Sota」への話しかけやタブレットの操作により、目的地の観光情報、みなとみらい駅から観光スポットへの行き方を画面表示と音声で伝える。

 また表示された観光案内情報のQRコードを利用者自身のスマートフォンで読み取ることで、観光案内情報を持ち帰れる。

乗り換え案内

 乗り換え案内機能を利用し、みなとみらい駅から目的地までの路線ルートを案内する。

施設案内

 みなとみらい駅構内のトイレ、コインロッカー、駅事務室などの情報を表示する。

その他

 案内をしていない時間は、タブレット画面上で各種情報を配信する。 トラベル Watch,編集部:大竹菜々子

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする