「妻の死は私自身の大きな教訓」妻に先立たれた夫がする死の準備

「妻の死は私自身の大きな教訓」妻に先立たれた夫がする死の準備

人生100年時代…と言われながらも、全ての人が100歳まで生きられるわけではない。

妻を亡くした悲しみを乗り越え、「今」を生きている西田輝夫さん

そして、今一緒に過ごしているパートナーか自分のどちらかが先にこの世を去ってしまうことは避けられない。
11日に亡くなったプロ野球の野村克也元監督は、2017年に妻・沙知代さんに先立たれ、一人残された生活について「ただただ寂しい。男は弱い。」と生前語っていたのが印象的だった。

『72歳、妻を亡くして三年目』(幻冬舎)の著者である医学博士・西田輝夫さんは現在72歳。医学部の教授職を63歳で定年退任し、66歳で完全に公職から退くが、その後に妻をがんで亡くす。「自分が先に死ぬもの」だと思っていた西田さん。家事を妻に任せっきりだったため、妻亡き後の狼狽ぶりを前作『70歳、はじめての男独り暮らし』(幻冬舎)で綴っている。

今作では、それから3年以上が経った今、西田さんが前を向いて歩き出し、自身の「死」へ向き合いながらも、人生を楽しんでいる様子が描かれている。そんな西田さんに今の心境などを聞いた。

「妻が見ているから、頑張るのだぞ!」

妻が亡くなってからの1年は、その事実を受け入れられず、2年目はその事実を受け入れる準備ができつつあったが孤独感を感じていたという西田さん。

「旅立った者は、時間が止まっています。しかし残された者は、この世で時間が進んでいき、実際の生活があります。その中で、生き延びるために現実的に処理をしなければならないことがたくさんあり、配偶者を失った空虚感にいつまでも浸っていられないのも現実です」

そして、西田さんはこの3年をこう振り返る。

「四十九日までは葬儀に続き、行わなければならない(法的な手続きと慣習的な物ごとなど)事柄で追われ、あっという間に時間が過ぎていきます。その後、一周忌までの約1年が悲しみや寂しさをひしひしと感じる時期でした。また、社会的な活動が少しばかり少なくなっても、周りの方々が許してくださった時期でもありました。

2年が経ち、現実の家庭内での生活や社会的な活動に追われ始めると、失った配偶者への気持ちは変わらないものの、いつまでもその寂しさに浸っていられなくなってきます。その意味で、三回忌から丸3年というあたりから、生活スタイルの立て直しから始まり、精神的にも少し立ち上がってきました」

3年という月日を節目に、西田さんは悲しみを乗り越え、残りの人生を考え始めたという。

「三回忌の次が七回忌ですが、ここで4年空いているのも先人の知恵かもしれません。つまり、2年あるいは3年経つと、立ち上がらなければならないということでしょう。残された人の年齢にもよると思います。私の場合は、退職し公職から退いていましたが、まだ医師としての活動を少し続けています。もし、40歳代や50歳代で働き盛りの時であれば、空虚感や寂しさに十分浸れることが許されなかったかもしれません。逆に立ち上がりは早かったかもしれないです」

こう語る西田さんは、この3年を振り返って自分自身へ掛けたい言葉について聞くと、「よく乗り切ったな!高いところから妻が見ているから、頑張るのだぞ!たくさんの新しい楽しいことを増やして、再会するときの土産話を作っておこう」と話す。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする